読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

乱題詠・2月

tuchinoco.hatenablog.com 参加します。えいっ。1.エゾ 菱形のミエゾーンにはニンジャありカミサマもありテンムスもある2.やや 「天候はやや不安定。」と言う つまり百葉箱も僕も同じく3.制定する(活用可) 指切りでする約束を「制定する」なんて言うから破…

『水槽に沈む』

novelcluster.hatenablog.jp シュー、ゴポゴポ。 隣のベッドが空いた2人部屋に、その音は静かに響いている。壁から発せられたシューという音は、蒸留水のタンクを潜りゴポゴポという音に変わっていく。澄子はパイプ椅子に腰掛け、その音を聞いていた。目の前…

かんたん短歌を作ってみますの?-枡野浩一『かんたん短歌の作り方』

かんたん短歌の作り方 (ちくま文庫)作者: 枡野浩一出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/07/11メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る穂村弘の『短歌という爆弾』を読んでしばらく経ってから、いまだなつきさんのブログ*1で紹介されていて読むこ…

『甘ったるい紅』

【第11回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - 短編小説の集い「のべらっくす」novelcluster.hatenablog.jp のべらっくすは久々ですね。 お題を見たのは沼津発浜松行きホームライナーの中で、車内で書き留めたイメージを膨らませて書きました。久しぶりだ…

短歌の目 第6回:8月 倦んだ暑さの中で眠る

早々と8月の短歌の目です。 深夜のテンション(当社比)で詠んだものをそのままお届けします。 気に入った歌がありましたら、引用スターやブコメいただけますと幸いです。短歌の目第6回8月のお題と投稿、怪談短歌です - はてな題詠「短歌の目」 主宰の卯野さん…

短歌の目 第5回:7月 消えゆく人魚も恋も はら はら

6月を詠みっぱなしにしているうちに7月が来て、そのスピードにヒイイッとなっております。短歌の目第5回7月のお題と投稿一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp 今月もお付き合いくださいませ。 気に入った歌がありましたら引用スター等いた…

題詠blog2015まとめ 001-010の歌

さらさらうたに『題詠blog2015』で詠んだ歌を書き付けているのだけど、こちらにもまとめを。 書きつけるといっても詠むのに投稿が追いつかず、実はとうに折り返してるのになかなか投稿できてなくて。 しかも今読み返すと、転職活動を予見するような歌があっ…

短歌の目 第4回:6月 孤独はわたしだけに正しい

今月もやってきました。第4回「短歌の目」6月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp わたしのツイッターを見ている方はご存知かもしれませんが、温度差気圧差諸々に加えてちょっとプライベートで大きな局面を迎えてい…

短歌の目 第3回:5月 脾臓の奥の満ち引きを得て

今月もやってきました。第3回「短歌の目」5月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp4月の感想も振り返りも書けないうちに5月が来てあわあわしております。 全員に感想を書こうとして、刺のある言葉が出てきてしまった…

短歌の目 第2回:4月 星を拾いて胸に飾れり

体調を崩したり感情の波がなくなったりドラゴンズが6連勝したりといろいろあって出遅れましたが、やっと詠めるコンディションになったので参加します。第2回「短歌の目」4月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp 主宰…

『桜の少女』

今回も参加しましたよー。【第6回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - 短編小説の集い「のべらっくす」個人的な話をすると3月下旬はトラウマの季節で、無意識のうちに自分を守るために感情の波がとてもとても小さくなってしまうんです。その中で何かを…

あめふるはるのよるに

あめふるはるのよるに わたしはひとり部屋にいて カーテンのむこうの窓のむこうのことをかんがえる梅はおちてしまわないか 沈丁花のかおりはとんでしまわないかあめふるはるのよるに わたしはひとり部屋にいて あの日つかみそこねたあの手のことをかんがえる…

短歌の目 第1回:3月 振り返り話

今月の『短歌の目』の振り返りです。3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」 3月の題詠短歌10首および投稿作品ご紹介です - はてな題詠「短歌の目」 今回、「雛」「苺(いちご)」「夕」「羊」「信号」をお題として提案したわ…

短歌の目 第1回:3月 感想ノック

3月の『短歌の目』感想ノックです。前回同様、気に入って引用スターをつけた中から一首選んで簡単な感想を書き添えていきます。 あくまでもわたしの読みなので、想定していた解釈と違う解釈が返ってくるかもしれませんが、それも三十一文字の面白さと思って…

短歌の目 第1回:3月 やまない胸の揺らぎを愛せよ

創作関係の記事が続きますが、今日も創作です。 出かけるバスの中で発表されたお題を見て、以前紹介した記事のようにjotterpadに貼り付けて行きと帰りのバスの中でさくさくっと詠んだのですが、今見たら.txtのタイトルが『単価の目』になってました。休みな…

短歌の目 第0回:2月 感想ノック

タイトルの通りです。 『短歌の目』開催期間中に気に入った歌に引用スターをつけて回っておりましたが、その中からひとり1首選んで思ったことを書いていきます。創作する上で何らかのフィードバックがあると個人的にとってもうれしいしモチベーションにもつ…

『ねこのした』

今回も参加して書きました。 お題の元にいろんなものを書こうと試行錯誤するのは苦しくも楽しい時間です。【第5回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - 短編小説の集い「のべらっくす」 【第5回】短編小説の集いのお知らせと募集要項 - 短編小説の集い…

題詠短歌シリーズ『ゆうべの熱は銀紙の中』 011-020

少しづつ練習に詠んでいる過去の題詠短歌から、011-020を。お題は題詠blog2011から拝借しています。 011:ゲーム ルールのないゲームに追われる電車にて狩りなどしている社会人たち 012:堅 サヨナラの場面で打球が声を裂く 中堅手(センター)が跳んだグラブ…

【第4回】短編小説の集いの感想と、『ハピネスウィーツ』裏話

ハッピーバレンタイン! チョコはあげる派よりもらう派の人間だったりします。そうか、バレンタインだから前回の「のべらっくす」のテーマはお菓子だったのか…と他の小説を読みながら気づいた世俗に疎い者です。 今回はちゃんと感想を書いてみたいなと思いま…

短歌の目 第0回:2月 あたしまだまだ卒業できない

短歌詠もうぜ! という企画がはてなでも始まりました。めでたい。 短歌ってとってもハードルが高い気がするけど、五七五七七の三十一文字に乗せて想いをざっくり文字にすればいいっていう楽しい世界です。たとえばこのブコメとか。今月のお題 - はてな題詠「…

『ハピネスウィーツ』

「ナオ、お菓子取って」 ハスミに言われたナオは、間髪入れずに答えた。 「ハスミの今日の摂取カロリーは2100キロカロリー。だから、残りカロリーから逆算すると、今家にあるもので食べていいのはチョコレート1粒かキャラメル2粒くらいだけど、どっちがいい…

『新年会の雪だるま』

新年会の日は、決まって冷え込む。それが、課に伝わる伝説の1つだった。それを私が知ったのは、新年会の前日だった。 「明日だけどさ、ここの新年会の日って絶対寒いから防寒してきたほうがいいよ」 帰り際に斜向かいの席氏に言われ、私は「は、はいっ!あり…

『すべてかがやけ』

今まで参加したいと思いつつ参加できずにいた「短編小説の集い」ですが、休日の思いつきでがーっと書き上げました。ブログにしろ今回の短編小説にしろ、未熟ながらも文章を書くことがやっぱりわたしは好きみたいです。 おかげで楽しい休日になりました(締め…

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.