読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

しだれ桜の下

桜が少しずつ散り始めている。間に合うように、ソメイヨシノを抜けてしだれ桜を見てきた。 ソメイヨシノとしだれ桜のピンクのグラデーションがきれい。 桜は偉い、と思う。春の訪れを告げるようにきっちりと咲いて、街をピンクに染め上げ人々から愛でられ、…

自分の殻にヒビを入れる

わたしには強烈な認知の歪みがある。認知の歪みとは大雑把に言うと日常に支障をきたすほどの非合理的でネガティブな思い込みと自動思考である。わたしは認知の歪みを積み上げて殻を作り、その中で“駄目という言葉を人型にしたようなもの”として生きている。…

お楽しみのあと

楽しいことがあるとする。友達と遊ぶときだったり、ライブだったり、瞬発力のある楽しいことである。そうしたものを目一杯楽しむと、その後ひどく落ち込むことがある。 きっと、反動なのだろう。 だけど、反動を恐れて楽しい気持ちにリミットを設けるのもバ…

まるで人生が止まっているかのようだ

呼吸が鼓動が続く限り、そんなことはないのだけど。 今のわたしには、人生が止まっているかのように思える。この場所にただうずくまっているだけだ。ここからどこに向かうのかもわからない、上り坂の途中なのか下り坂の途中なのかもわからない。そんな場所で…

うずもれたい欲

ふわふわなものにうずもれたい。ぬいぐるみとか、大量のクッションとか。ベッドに敷いている高反発マットレスは確かに寝心地がいいんだけど、それとは別にすっぽり全身うずもれたくなる。 無印の人をダメにするソファ、あれはこのうずもれたい欲を満たすため…

わたしは泥だった

というくらい泥のように眠っている。大幅な環境の変化に対しての疲れが噴出した結果なのだろう。だからといってまとまって眠っているわけではなく、ちょくちょく目を覚ましてはいる。それでも眠い。夕方くらいになると目が冴えてくるので野球を観たりして、…

夕立の隙間

雨雲レーダーを見ると大雨が来るというので、それまでにぐるりと散歩をしてきた。ポケットには歩数計付きのスマホと、野球中継を聞くためのポケットラジオ。外に出たら、夏の切れ目のような空だった。 そのまま歩く。駐車場で、「がんばれーがんばれードラゴ…

湿気っている

ブログも書いてない、写真も撮ってない、短歌も詠めてない、Instagramなんてアイコン変わる前から載せてないんじゃないか、ツイッターだってめっきり呟くことは減っている。 たましいが湿気ってる。 なんだかそんな状態である。部屋の湿度は現在57%、カメラ…

頭に霧の雨が降る

ここのところ、頭には霧雨が降るようなもやもや感が続いている。そして、涙が止まらなくなるほどの孤独感と焦燥感に苛まれている。その理由ははっきりしているものもあるし、わからないものもある。季節の変わり目でしんどいということは確かだ。 人生には運…

死ぬことよりも怖いこと

春は人を狂わせる。 ご多分に漏れず、わたしも精神的に調子を崩しがちである。ただでさえ調子を崩しているところに処理能力を超えたことが次々起こるのだ。そして余計なことまで考えてしまい、それを整理しようとこうしてブログを書いている。 わたしは常々…

わたしは、あなたが大切だ。

※今日のエントリは自殺について書いているため、精神状態の悪い方は読まないようお願いします。だけど、周りにそのような状態の方がいる人には役立つかもしれません。 週末からこの世の終わりのような様相を呈していて、非常に体調も精神状態も悪く、syrup16…

冴え冴えとしてしまう

月初は仕事が忙しい。 元々月初はデスクワークもそれ以外の身体を動かす業務も忙しく修羅場を極める。今回、他の会社より正月休みが長かったこともあり、今までの月初を修羅場と言っていたのがどれほど生ぬるいか思い知った。 何度も階段を上り下りし、1日に…

制服を盗まれたことがある

こういう経験を書くことも何か意味があるといいなぁ、と思いながら。 わたしが高校生、妹が中学生だった頃。ウォッシャブルの制服だったので、連休になると制服を手洗いして干していた。冬は上と下、夏は毎日上は洗って替えるので下だけ。なんてことないセー…

行き過ぎた自尊心の低さは傲慢になる、のかも

先日、朝の通勤途中でこれを読んで苦しくてたまらなくなった。彼氏に「かわいい」と言われると嫌いになる増田と同じタイプだ。容姿でいじめられたこともあってコンプレックスがすごいんだけど、褒め言葉を受け取れないのは褒めてくれた人を否定してることに…

「君」と「僕」の関係について

わたしが普段、短歌などの文章を書くときに使う「君」や「あなた」は恋愛感情の対象に限定していない。むしろ、なぜ「君」と書くと恋愛関係にのみ限定されるのか、よくわからないでいる。「君」と「僕/私/俺」の間の関係性を恋愛でしか想像できない人間は音…

ストリートスナップについて説明するのは難しい

新しく入った会社のプロフィールの「好きなこと」の欄に写真と書いていることもあって、それについて聞かれることがたびたびある。そして答えるんだけど、たいていは話が弾まずに終わってしまい頭を抱えている。 必ず聞かれるのは「何撮ってるの?風景とか人…

歳を取っても、生きやすくなってないよ。けど。

わたしは昔からたましいが服も着ずに歩いているような人間で、世間一般というものと自分との距離をうまく測れず折り合いをつけられずにいた。そして、枠から弾かれぶつかり打ちのめされぼろぼろになると、大人たちは言ったのだ。 「歳を取れば、生きやすくな…

自己分析中毒に要注意、最悪死ぬ

相変わらず転職活動をしている。これで落ちた会社は約80社。もうカウントする気力もない。また改めて無職(求職)日記は書くけど、今日はちょっと別の話。面接までどうにか漕ぎ着けると、される質問があまりにもパターン化されていることに気がつく。 「大学…

夜に降る雨を愛する

夜に降る雨が好きだ。夜に降る雨は、昼間暖まりすぎた地面を冷ます。雨音の中でタオルケットにくるまっていると、遠い昔、まだ精子と卵子ですらなかった頃に戻る気がする。夜の雨は優しい。誰の上にでも等しく降るという理由でわたしは雨を愛するのだけど、…

東京、我が降水確率80%

去年秋から、旅行だったりライブだったり転職活動で東京によく行っている。その数5回。そのうち4回が今年7月8月のことで、3回が日帰りで、新幹線を使ったのが1回。まあそれはいいや。なぜかわたしが東京に行くと、雨が降る。 去年会って今年ライブで会った友…

質問に答えるうちにまとってる鎧を脱がされていく快感。

http://lfk.hatenablog.com/entry/2015/08/17/22454 上記エントリの川添さん(id:kkzy9)と卯野抹茶さん(id:macchauno)さんの対談を聞いていて、とても気持ちがいいなぁと思ったんです。深夜0時過ぎに。そして興奮のあまり寝付けなかったんですが。第一回 対談…

だらだらと話をしたがる人

この世界には、だらだらと話をしたがる人がいる。 気づけば2軒3軒と移動して喋り続ける人、昼休み終わりのチャイムが鳴るまで話を続ける人、わざと遠回りの路線に乗ったり寄り道をして話をする人。 メールやLINEでも、終わる気配がまったくなく話題をゆるゆ…

帰る場所なんて、最初から持ちあわせていない

最近ちょこちょこと東京に行ったり、お盆で帰省するツイッターのタイムラインを眺めていたりすると、改めて思うことがある。それは、わたしには帰る場所がない、ということ。 両親とも名古屋生まれ名古屋育ちのため生まれてこのかた帰省したことがないだとか…

人を撮りたいと思う

それも、ポートレイトではなくてスナップ。自然な、人が生きて動いているところをすっと切り取りたい。風景も人物も等しく、その瞬間そこにあったのだとわかるような。そこに生きていたのだとわかるような。 人が生きていた痕跡だとか、体温だとか、呼吸だと…

未来の約束を交わして生きる

3月下旬からの心身不調はやや上を向いたかのように思われたけど、次から次へとそれを打ちのめすようなことが続いている。 今まで積み重ねてきたあれやこれがすべて無になったかのような、それだけのことが続いていていつだって泣きたいしすべてを投げ出した…

親と喧嘩して謝って許されなかったけど

教えて!gooがホッテントリなんて珍しいな、と思って開いた先は地獄だった。親と喧嘩して謝ったけれど - 夫婦・家族 | 教えて!goo相談者の親に明らかに問題があるのに追い討ちをかける回答者を見て地獄だと思った。かつての自分のようなこの相談者を抱き締め…

ブログのURLがバウムクーヘンな理由

今日3月4日はバウムクーヘンの日、らしい。 なので、このブログのURLがなんでbaumkuchen.hatenablog.jpなのかを書こうと思う。勘のいい人なら気づいてるかもしれない。 フジファブリックの『バウムクーヘン』という曲からいただいている。 アルバム『CHRONIC…

創作、あるいは自分を癒やすことについてのメモ

カラスだって鳥である 今日はカウンセリングだった。ここ2週間で起きたこと、たとえばまゆげがなくなったことだとか家の雰囲気がとても悪く風当たりが強くなっていることだとか(やはりカウンセラーさんも親子関係に問題があると見ているようだ)創作をやっ…

心のかさぶたは、無理に引き剥がさなくていいよ

と、最近とある意図から通うようになったカウンセリングで、カウンセラーさんに言われた。「時と場合によっては正しい方法で剥がさなきゃいけないこともあるけど、基本的には無理に剥がすことはしたくないし、する必要もないですから」とも言っていた。 「そ…

愛せないけど、愛したいんだ

昨日見た久保ミツロウ先生のツイートがずっと頭に鳴り響いてた。久保みねヒャダでお聞きするあの声で。自分を愛せなきゃ他人も愛せないなんてクソ理論無視して力強く自分以外を素直に愛していきたい— 久保ミツロウ (@kubo_3260) 2015, 1月 26とても力強くて…

「考えすぎだよ」って 君には言える

だけど自分には 言えそうもないんだ これは癖だから 直らないんだ 苦しそうにしてるように見えるだけ 書き出しは今日ずっと頭で鳴り響いているsyrup16g「遊体離脱」のオマージュ。美しく壮大なメロディがミクロからマクロへ広がる歌詞の世界にマッチしていて…

心理テストの選択肢が足りない問題と怪しい心理テスト問題

ツイッターのタイムラインに今日よく流れてきた心理テストがあったのでやってみた。孤独に耐えられない!ぼっち耐性度診断 | MIRRORZ心理テスト・診断・占い日頃から「えー、そこ1人で行く!?」というようなことをよく言われているので、どうなるかと思った…

さようならを歓びと呼びたい

「2014年のお別れ」について、今年経験した別れをきっかけにした下書きのがあったので、それを今年のうちに形にしようと思った。 そのきっかけとなった別れから少し経ったあと、なぜかわたしは祝福の気持ちに包まれていた。そして、アルバムすべてが祝福で出…

家のことは、なかなか言えない。だからこそ

わたしの家には、少々(?)問題がある。 そしてそれは、わたしの人格形成に影響を及ぼしているし、現在進行形でじわりと苛んでいるものでもある。 そんなわたしだけど、時々、ツイッターで家のことの面白エピソードみたいなものを書くことがある。昼休みに…

ライフ・イズ・「メメント・モリ」

タイトルが英語的に正しいかどうかはこの際関係なくて。この前、こんなエントリを書いた。 どうか、忘れないでいて。憶えていて。 - さらさら録 そして、このエントリが予言のようになってしまう出来事があり、考え込んでいた。 考えても考えても、答えは出…

どうか、忘れないでいて。憶えていて。

はてなブログのAndroidアプリがリリースされたので、アプリのみで書いてみようと思う。*1 わたしには、自殺願望よりもっとゆるくて根強くて破滅的な消滅願望がある。 たまに聞かれる、「死にたいんじゃなくて消えたい」という類のものである。 それは物心つ…

幸せを願うということ

今日、わたしは無事に誕生日を迎えた。 0:00ちょうどにLINEを入れてくれたひとがいたのに気づかなかったり、虫歯が痛んで冷たいものがしみたりといきなりやらかしまくってしまったけど、とてもわたしらしい…というか通常運転だった。 お祝いのLINEやfacebook…

感性は距離に比例する、部分もある

昨日、高須光聖さんが出ていたDOMMUNEを実況しながら見ていた。 そこで、高須さんが言っていた「企画は、距離に比例する」という言葉が印象的だった。 高須さんの企画は自分の原体験が元になっていて、その原体験は家の周りから始まって、行動範囲…というか…

上書き保存じゃなくて別名保存でもいいじゃん、ね

よく、「女の恋は上書き保存、男の恋は別名保存*1」って言われるけど。 これって結局、人によるとしか言いようがないんじゃないかな。 わたしは完全に別名保存タイプだ。 正確に言うと、別フォルダに保存タイプ。 女の人でも、別名保存タイプは少なくないと…

「あんた、謝ればいいと思ってるでしょ!」

トピック「謝罪」について言及しているブログをざざざっと読んで、突然タイトルの言葉が頭に鳴り響いた。 小さい頃から、何千回となく聞かされたヒステリックな母の声。 わかったようなわかってないような顔で眉を寄せて唇を歪めて泣きそうになりながら、「…

心が強くなくたっていいんだよ、と言えるように

NHK ハートネットTVの3夜連続特集「20代の自殺」をツイッターで実況しながら見た。 ハートネットTV - NHK福祉ポータル ハートネット ハートネットTV:20代の自殺 - NHK福祉ポータル ハートネット サイトに番組動画がアーカイブされていて書き起こしまで載っ…

季節の変わり目、秋の気配、季節性うつ病

今朝、朝ごはんを作ろうと冷蔵庫の下の方にある野菜室の引き出しを開けようとした瞬間、腰に違和感が。 ぎっくり腰(6ヶ月ぶり3回目)の衝撃。 ここのところ悪くなってた寝起きの眠気をド派手に吹っ飛ばしてくれた。 今回は今までの中で一番軽いけど、ぎっく…

反響と答えと追伸―昨日のエントリに寄せて

とある自活できてない非正規社員のこれまで - さらさら録昨日書いたエントリの反響が大きくて、わたしが一番驚いている。 疑問などもあったので、答えられる部分は答えたい。そして、それ以上に伝えたいことがあって、キーボードを叩いている。 昨日のエント…

とある自活できてない非正規社員のこれまで

非正規社員57%「自活できず」 40歳未満、家族が頼り - 47NEWS(よんななニュース) 正社員経験あるけど、心身を壊してフルタイムで働けなくなってから親と同居して契約社員してる。先のことを考えると死にたくなる夜もある このブコメに関して詳しく書…

すぐ泣いちゃうわたしの、あんまり役に立たない話

泣く大人 すぐ泣いちゃう 30前の女だけど泣きなくないのに涙出て困ることは多々ある。ものすごく怒ってるときに泣けてくると途方に暮れる わたしはとてもよく泣く。びっくりするほど泣いてしまう。 よく泣く子供だったし、今もよく泣く大人だ。 なので、最近…

どうせシワができるんなら、笑いジワがいいですよね

エントリを書こうとして笑いジワでググってみて、ちょっと衝撃を受けております。 わたしは笑いジワというと、笑ったときに目尻にできるものだと思ってたのです(絵のピンク)。 ところが、他の場所(図のオレンジ)を笑いジワと思ってる人がいるらしい。 え…

生きることは、痛みを抱えていくこと

前エントリが大きな反響を呼んでいるようで、痛みながら書いた甲斐はあったのかな、と思ってる。 人間誰だって、生きていく上で痛みを感じないことなんてない。 ただ、その感じる痛みの度合いや感受性は、人によって異なるだろう。 同じように親知らずを抜い…

知的障害者だったKちゃんの話

はてブで「池沼」と罵るは削除に値する差別的表現でないというのが株式会社はてなの公式見解 - 漫画(ry跡地 身内に知的障害者がいるわたしは池沼という文字を見るたびに唇を噛んで耐えている。繊細チンピラなのは百も承知だけど罵倒語として使われるのはつ…

わたしは今も、自分の中に獣を飼っている

わたしは獣になりかけていた - ある精神病患者の一日 ああ、わたしのようだ、と思い涙が止まらない。心身を壊しフルタイムで働けなくなり、今の契約社員ライフが楽しくて。ただわたしは筆者と違い心身を壊さず働いている人たちへの嫉妬を未だ断ち切れないで…

自分の「メンタル不調サイン」を見逃さないように

あまりメンタルが丈夫でなく、10年以上も患っていると、だいたい付き合い方が見えてくる。 ちゃんと自分はメンタル不調サインを出してるものなのだ。ひどい抑うつ状態を抜けた後に考えてみると、意外と兆候があったりするのだ。 それを無視しては取り返しの…

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.