読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

短歌の目 第7回:9月 君のまつげは少し足りない

8月はセミの鳴き声を聞きながら詠んだのに、9月は片手いっぱいにどんぐりを拾いながら詠んでます。

tankanome.hateblo.jp

1.一錠

 生きるのが下手くそだからと泣く君に水なし一錠べっこう飴を


2.おい

 「おい」と呼ぶ声に振り向く道端に残ったかすかなコロンのにおい


3.ウーパールーパー

 むぞむぞとグラノラ食べている君はウーパールーパーのーパみたいだ


4.マッチ

 桃の絵のマッチを擦っても浮かばない最初の顔は火薬に溶ける


5.葉

 葉脈が織りなすレースのか細さに君のまつげは少し足りない


6.月

 「ハネムーン、行くなら月に連れてって。うさぎの餅を食べてみたいの」


7.転

 転々と流転の末に ( )けまして七転八倒そんな顛末


8.舌

 いつだって火傷している猫舌は熱々とろとろ我慢できない


9.飽き

 飽きるほど溺れてみたい深海が誘うがままに覗き込んで


10.【枕詞】うつせみの

 うつせみの世はこの頃も騒がしく四弦が鳴らす ( ひず )んだBPM

https://instagram.com/p/7CMFD0mDj2/

今月の短歌の目に合わせるかのように、スマホからも引用スターがつけられるようになりました。めでたい。
ではでは、またお会いしましょう。

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.