さらさら録

日々のさらさらの記録

週報 01/13-01/19

01/13

やたらと目が痛い。ホットアイマスクをしても目が痛い。読書もこぎん刺しも諦めて休養日にする。

爪を塗ってみるけど、何度も何度も気に入らなくて塗り直す羽目になる。

 

01/14

東直子穂村弘著『しびれる短歌』を読む。ちくまプリマー新書から出ているのだけど、レーベルここで合ってるのかな……?という内容。おもしろかったけどね。去年穂村さんの講演会に行った際に出てきた歌あり、知人の歌ありで面白い。

週報をもとにハッピー貯金を始める。今年は楽しくなるようかわいい折り紙に書くことにした。

https://www.instagram.com/p/BsrC9beANBy/

夜、友人と牡蠣&バル料理食べ飲み放題へ。牡蠣を飲むように食べ、お酒をおいしく飲み、料理もおいしくいただき、たくさん喋って楽しい会であった。

 

01/15

仕事。バタバタしてると泣きたくなるのは何なんだいったい。先輩から業務をもらったときに「無理なときはちゃんと無理って言ってね」と言われる。遠慮してなかなか言えないので、ちゃんと言えるようになりたい。

定時後、イッツデモへカードキャプターさくらコラボグッズを買いに行くもすでにお目当ての商品たちは売り切れていた。衣装柄ポーチほしかった……。定時ダッシュしても無理とは。

悲しみをレリーズせんばかりの勢いで帰宅したら、年末に応募したお食事券の抽選に当たっていた。うれしい。

 

01/16

仕事。夕方、猛烈な胃の痛みを覚え会社で少し嘔吐。手足に力が入らないながらも何とか定時まで働き、どうにか家に帰るもベッドから動けず。食事も取れず、身体の重だるさと痛みに襲われる。シャワーだけ浴びて寝ていたら夜中発熱する。

 

01/17

起きたら熱もなく身体にも力が入るので会社に行く。最近いろいろあったので、ストレスでも溜まっていたのかもしれない。

東京の親友から、ほしかったイッツデモCCさくらコラボのポーチを見つけたと連絡が入ったので購入をお願いした。救済された。

 

01/18

仕事。新しく導入された時間休を行使して通院。時間休の導入がありがたすぎる。明るいうちに退勤できるのはうれしい。

通院後、夕方の空腹対策にハーブティーを求めカルディをはしごするもあまり置いておらず徒労に終わる。成城石井に行ったらたくさんあってむしろ選ぶのに苦労する羽目になった。

「筋肉は裏切らない」と言われたので録画したままになっていた筋肉体操をする。きつすぎて息は切れるわ腹筋がつるわ全身ぷるぷるするわであった。

 

01/19

筋肉体操効果で筋肉痛。夜、シャンプーしてるときに腕がむきっとしていて驚く(当社比)。

歯医者でマウスピースを受け取ったのち婦人科へ。婦人科の予約時間に余裕があったので、1時間半ほどヒトカラに行く。

婦人科のあとでスープストックトーキョーに寄り、牡蠣のポッサムキムチスープを飲む。牡蠣とほたての旨みを味噌とごまで包み込む、滋味深くてしみじみおいしいスープだった。

 

週報 01/06-01/12

やばい、今週の週報が盛りだくさんになってしまった。

 

01/06

散歩がてらヒトカラに行くもデンモクが再起動してしまい15分ほどロスしてしまう。他の予約との兼ね合いで1時間しか歌えなかったというのに。そんな日もある。

アニメ『風が強く吹いている』、第一クールを観終える。原作からの改変も違和感なくて、アオタケの住人それぞれの見せ場や関係性の作り方もとてもうまくて面白い。すでに毎週泣いてるのに、これから箱根ってなったらどうなっちゃうんだ。BS民なので1週遅れなのがもどかしい。

夜、自分のせいじゃない出来事で自分を責めてしまう。「自分を責めなくていい、もっと気楽に考えていいんだよ」と言われたけど、それが難しい。

 

01/07

仕事。やっと会社にフルメンバーが揃う。

去年12月から具合が思わしくなく、薬の調整をして持ち直したかに思えたのだけど、全然そんなことはなくて簡単にへたってしまう。

わたしには考えすぎる癖があるのだけど、どこまでが考えすぎなのかを考えるスパイラルに突入する。回遊をやめられないマグロのごとく思考を止められないこの厄介な頭である。その思考を短歌に使えればいいのに、そうもいかないのがまた厄介なところである。もっと自分を信じる力を持ちたい。

夜、親知らず抜歯後の消毒で歯医者さんへ。睡眠時のマウスピースを持参するのを忘れてまた来る羽目になる。

 

01/08

仕事。延々掲示物を張り続けて握力をなくす。

自分を信じる力がない問題は一応の落としどころを見つけたのだけど、その詳しい内容は秘密。信じる力が弱ったら、何度でも見返して思い出せるように、手帳に大切に書き込んだ。弱ってしまったら、またそこから始めればいい。

過去にブログにも登場した友達が、数年後に名古屋を離れることになったと聞かされた。その友達が安心して名古屋を離れることができるように、それまでには強くなりたいと強く強く思った。

 

01/09

仕事。HRの担当者が来たので面談。最近調子が悪いことを話すと、遠慮せずそのことをちゃんと上司に伝えられるようになろう、と言われる。帰り際、上司に無事伝えることができて一安心。

今日こそマウスピースを持参して歯医者へ。歯医者さんに「はい、あーん」と言われても何もうれしくないな。歯の型を取っている間、診察台に備え付けのディスプレイに映った自分の姿を見て、これは人に見せられないと思った。横に長い口をして、青い型取り材およびそれを盛った金属が口からはみ出していて、目は虚ろである。たいへんな顔であった。

夜、戯れに体重計に乗り大変なことになっている現実に直面する。減量を決意。ここにも書いておきます。体脂肪落とします。

 

01/10

仕事。細々と慌ただしい。

夜、短歌のワークショップ。お題は生きている日本の人物名詠み込み。本名を詠み込んで出したら詠草および本名がうけてしまい、本名が短歌的と評されて不思議な気持ちになる。本名で詠んでみたら、と勧められたので今後本名でも詠んでいこうと思う。時折笑いながら非常に楽しく短歌を読めるこのワークショップが大好きで、あーやっぱりわたし短歌好きだわ、としみじみ実感した。 

 

01/11

朝、賞品の飛騨牛がほしくて応募した短歌賞で審査員特別賞を受けたと知る。

~飛騨・神岡 短歌コンクール~ 女神へ贈るラブレター

右側にあなたがいない夕暮れに頭を撫でる手のような風

審査員特別賞なので飛騨牛は逃したのだけど、悔しいけどうれしい。飛騨牛飛騨牛と言っていたら、いつか食べに連れてってくれると言われた。やったね。

仕事。掲示物を貼るために脚立を担ぐ。仕事中、ふと気づいたことに泣きそうになる。わたしを肯定してくれるひとは、ありがたいことに幸いなことにたくさんいて、いっぱい肯定をもらっているのに、わたし自身がわたしを肯定しなくてどうするんだ、と気づいて少し泣いた。

帰りに、文庫化された笹井宏之さんの『えーえんとくちから』を買う。

f:id:negi_a:20190111201544j:image

入手困難と知って、それでも読みたくて県図書館で借りて読み、そして入手困難であることを嘆いた歌集。ずっとほしかった本が、どこへでも連れていけるサイズになってわたしの手元にやってきたうれしさ。これでいつでも何回でも読み返せる。

 

01/12

甥ちゃん1歳の誕生日祝いで食事会。食事はどれもおいしく、甥ちゃんは相変わらずかわいかった。泣いたり食べたり笑ったり一升餅背負ったりと大忙しの甥ちゃんを見ているだけでうれしくて楽しい。

帰宅してから爆睡し、その後散歩。夜は『ジョブチューン』のプロ野球選手回を見る。うちの平田りんが大活躍していてよかった。

週報 01.01-01.05

どこまで続くかわからないけど、今年は週報を書いてみようと思った。取るに足らないようなことを、自分の備忘のようなことを。続かなくなったら笑ってください。

01.01

高校時代の友達とお茶をする。会うのは2年ぶり、前回まだ赤子だった娘ちゃんがすっかり幼児になっていた。近況をたらたら話しているうちに時間があっという間に経ってしまい驚く。いろいろあるみたいだけど、娘ちゃんともども元気そうでよかった。おしゃれカフェでおしゃれなスイーツを食べたのだけど、インスタ映えってやつはたいてい食べづらいのですよね。
https://www.instagram.com/p/BsFtjJvgcaJ/

01.02

妹夫婦が遊びに来る。甥ちゃんも1歳になるということで、なんとなく「まんまんまー」と喋るようになっていて面白い。甥が唇を震わせて「ぶー」と鳴らして遊ぶので対抗して「ぶーーーーーーっ」と長く鳴らしていたら義弟と妹から芝刈り機と呼ばれるようになった。義弟が持ってきてくれたビールを飲んでほろほろ酔う。ハートランド、飲みやすくておいしいね。

01.03

箱根駅伝をだらっと観て過ごす。完全に『風が強く吹いている』の影響。原作はぼろぼろ泣きながら読んだのだけど、アニメを溜めてしまっているので観なければ。「○区か、誰々が走ってる頃だ」と思いながら観る。

01.04

この日まで休み。睡眠時のマウスピースを作りに歯科に行ったところ、成り行きで親知らずを抜くことに。「どうします?」と言われるたびにのらりくらり逃げてきた左上の親知らずだけど、すでに左下の親知らずを抜歯して10年ほど経ち、受ける歯がないために伸びてきて歯茎を傷めているとのことだった。虫歯にもなっていたし、「5分もあれば抜いちゃえますけど抜きます?」と言われ、もうこれは抜くしかないんじゃないかなと思って抜いた。



タイムスタンプを見ると4分しか経っていない。麻酔を抜いた作業時間は2分もかかっていなかった。麻酔を入れても3分くらいだろう。あっけない別れだった。麻酔が切れたあとも特に痛むことはなく(ちょっと耳が痛かった)、腫れることもなく終わった。

01.05

会社稼働日につき出勤。だいたいの人は有休消化日にしているのだけど、入社して間もないため年間10日しか有休のない身はせっせと出勤するのであった。他のところで休みたい。やることないと思っていたけど、意外とやることはあった。掲示してあった去年の年頭所感を裁断して処分するなどした。

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.