読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

かなしさやさぶしさに、やさしい八木重吉の詩を

レビューのようなもの

ツイッターのタイムラインに、フォロワーさんからこの言葉が流れてきた。

いろいろに
かんがへてみても
よのなかがきたなくて
きたなくて
じぶんがみにくくてならぬならば
しづかな花をおほきくかんがへるがいい
八木重吉

その言葉に胸を打たれたわたしは、青空文庫で彼の遺したほんの2冊の詩集をダウンロードした。

秋の瞳

秋の瞳

八木重吉と言われても知らない人は多いかもしれないが、ひょっとしたらこれらの詩は知っているかもしれない。

心よ


こころよ
では いっておいで

しかし
また もどっておいでね

やっぱり
ここが いいのだに

こころよ
では 行っておいで

素朴な琴


このあかるさのなかへ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美しさに耐えかねて
琴はしづかに鳴りいだすだらう

『心よ』はEテレの『にほんごであそぼ』で歌になっている。わたしはそこで知った。

 八木重吉の詩は数行の短いものが多く、かなしさやさびしさにすうっとやさしく染み渡る。それは、彼がクリスチャンであったこと、29歳で夭折していることとも関係しているのかもしれない。人によっては、彼の作品を詩だと思わない人もいるだろう。だけどわたしは、言葉を削ぎ落とし研ぎ澄まして作られた、紛れも無い詩だと考えている。

 いくつか、好きな詩を挙げてみた。
 これからわたしは、かなしいときやさびしいときに、彼の詩を読むだろう。四季や死や子や自然や、身近な事象に向けられた彼のやさしい言葉と想いを。

つくしいもの


わたしみづからのなかでもいい
わたしの外の せかいでも いい
どこにか 「ほんとうに 美しいもの」は ないのか
それが 敵であつても かまわない
及びがたくても よい
ただ 在るといふことが 分りさへすれば、
ああ ひさしくも これを追ふにつかれたこころ

はらへたまつてゆく かなしみ


かなしみは しづかに たまつてくる
しみじみと そして なみなみと
たまりたまつてくる わたしの かなしみは
ひそかに だが つよく 透きとほつて ゆく

こうして わたしは 痴人のごとく
さいげんもなく かなしみを たべてゐる
いづくへとても ゆくところもないゆえ
のこりなく かなしみは はらへたまつてゆく

花がふってくると思う


花がふってくると思う
花がふってくるとおもう
この てのひらにうけとろうとおもう


ひかりとあそびたい
わらったり
哭ないたり
つきとばしあったりしてあそびたい

不思議


こころが美しくなると
そこいらが
明るく かるげになってくる
どんな不思議がうまれても
おどろかないとおもえてくる
はやく
不思議がうまれればいいなあとおもえてくる

湿気っている

思ったこと 日々のこと
 ブログも書いてない、写真も撮ってない、短歌も詠めてない、Instagramなんてアイコン変わる前から載せてないんじゃないか、ツイッターだってめっきり呟くことは減っている。
 たましいが湿気ってる。
 なんだかそんな状態である。部屋の湿度は現在57%、カメラ用ドライボックスは最適、癖毛はうねっている。たましいが湿気っているときは黙ってやり過ごすしかないのだ。元々のたましいが健全でない者は、健全(に見える)たましいを持った人々を横目に見ながら、ただひたすらに除湿されるのを待つしかない。下手に足掻いたところでカビていくのは目に見えている。
 そうして、自分とつき合っていくしかないのだ。

頭に霧の雨が降る

思ったこと

 ここのところ、頭には霧雨が降るようなもやもや感が続いている。そして、涙が止まらなくなるほどの孤独感と焦燥感に苛まれている。その理由ははっきりしているものもあるし、わからないものもある。季節の変わり目でしんどいということは確かだ。
 人生には運気の巡りがあるということはわかっていて、数ヶ月単位でその巡りがよくない。耐えれば好転するのだろうか、それを無邪気に信じることはできない。無邪気に信じるにはあまりにも面倒な人生を生きてきてしまった。夜が来ると、眠って現実から逃げられると思う。そして薬でどうにか寝付くと、臨んでいなかった朝が容赦なくやって来る。仕方がないからカーテンを開けてベッドから出る。そんな毎日だ。
 何しろ頭に霧雨が降っていてぼんやりしているものだから、うまく本が読めなかったり全然短歌が詠めなかったりしている。ベースになる部分が濁っていて、アンテナも鈍りまくってしまっているのだ。おかげで、毎日歌壇に入選したことも人に教えてもらう始末であった。
毎日歌壇:加藤治郎・選 2016年5月16日
 濁った霧雨が降る頭で、とある人の消息を思う。その人とは何度もツイッターやブログで言葉を交わしていた。いつか夏の神宮球場で野球を見ようと言っていた。その人は強い自殺願望を口にしていた。わたしはまた救えなかったのだろうか、それとも何もできなかったことが救いなのだろうか、どちらが正しいのかわからない。
 ツイッターではほのめかしているが、はっきりと病名や現状をブログに書くべきか迷っている。わたしは生きづらい人に寄り添いたいというか、そういう人に「わたしだけじゃないんだ」と思って欲しいと思いながらこのブログを書いているが、しかし病名を公表するということはその先入観を持って見られるということでもある。ただ、はっきり書いてしまったほうがいいのかもしれないとも思っている。書くべきか書かざるべきか、これも数ヶ月ずっと迷っている。
 頭の中だけではなく、外も霧雨が降っている。これから苦手な季節がやって来る。

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.