さらさら録

日々のさらさらの記録

万年筆を洗浄していた

f:id:negi_a:20170819180612j:image

 キャップが割れてしまい中身を別の瓶に移した色彩雫の瓶に水を張り、万年筆を沈める。

広がるブルーブラックを眺める。うす青い水は涼しげで、ずっと見ていたいほど。

一晩置いて取り出して洗った。

音響外傷体験記

いわゆるライブハウス難聴になったので、その顛末です。

 

8月8日

ライブに行く。最前列で堪能。

終演後、左耳の耳閉感とキーーーーーーーンという耳鳴りがひどかったものの、元々左耳は突発性難聴になった経験があるためライブ疲れだと思っていた。

ちなみに、ライブのときは左耳に耳栓をするのだけど、このときは忘れた。

 

8月9日

耳鳴りと耳閉感が昨晩からキーーーーーーーンと変わらず、軽い痛みもある。音響外傷を疑い、花粉症でお世話になった耳鼻科へ。

受付時に突発性難聴の既往があることを伝えたため、「耳を大事にしなきゃ駄目でしょう」と叱られる。

聴力検査の結果、4000Hzだけが落ち込んでいて、典型的な音響外傷と診断される。

f:id:negi_a:20170812204135j:image

早期治療が大事ということで、ステロイド内服、ビタミン剤、胃薬をもらって帰宅。

ちなみによく「安静にするように」と書かれているけど、ステロイド内服の副作用の関係で運動等がキツいだけで(大量に投与するので血圧が上がる)、耳自体には関係ないとのこと。

 

8月10日

耳閉感がほぼなくなり、耳鳴りも落ち着く。

 

8月11日

耳鳴りはほとんど気にならなくなる。

副作用か、ちょっと息切れしやすくなる。

 

8月12日

聴力検査。右耳と左耳の聴力差がなくなり、4000Hzの音も元通りになる。

異常を察知した時点で速やかに受診したのが幸いしたという見立て。

今日からステロイド内服を段階的に減らし、身体を慣らしていって再度聴力検査をして終了予定。

 

ということで、音響外傷になったら速やかに受診しましょう。

治療開始が早いほどいいそうなので、ライブ後違和感があったらすぐにでも。

わたしの場合、耳鳴りの後遺症も残らずいい予後を辿れそうです。

少しでも、音響外傷の予防や治療の励みになれば幸いです。

最強の女友達がいる

中学3年の頃からの女友達だ。彼女は早くに結婚出産し、今は二人目の臨月だ。出産どころか結婚の予定もないわたしとは対極の存在だけど、楽しくやっている。

彼女はわたしに、「結婚はいいよ」「子どもはいいよ」といった類の話を一切しない。そういうところが有り難いのだ、と彼女に言ったら「だって生き方は人それぞれじゃん?」とこともなげに言う。底辺を這いつくばって生きているようなわたしに、「なぎさらちゃんはがんばってる」と言う。生き方の違いをまるっと肯定し、対等なものとしてくれるのだ。

だからわたしも、彼女といると、自分自身を引け目に感じることなくいられる。わたしの周りの既婚の友人はこういうタイプの人が多くて、そのたびいつも救われるのだ。

彼女の娘は、わたしのことを「友達のなぎさらちゃん」と言う。それでいいのだ。親子揃ってわたしの友達なんてとても素敵だ。今は、彼女の子が産まれてくるのを心待ちに過ごしている。

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.