短歌の目 第7回:9月 君のまつげは少し足りない

8月はセミの鳴き声を聞きながら詠んだのに、9月は片手いっぱいにどんぐりを拾いながら詠んでます。 短歌の目第7回9月のお題と投稿一覧です - はてな題詠「短歌の目」tankanome.hateblo.jp1.一錠 生きるのが下手くそだからと泣く君に水なし一錠べっこう飴を 2.おい 「おい」と呼ぶ声に振り向く道端に残ったか…