読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

うたの日出詠歌 17.02分

まいにち歌会うたの日の2月分まとめ。


02/01 切れるのは蟹座のはさみくらいでしょう私とあなたの関係でしょう/『蟹』

02/02 笑顔には二つの指が添えられてピースピースイェイピースピース/『二』

02/03 別れの言葉が聞こえなくてもその日は来ると鬼は言う/『都々逸』

02/04 やり直すためなら独りも厭わぬと魔法少女は涙を捨てた/『 魔 』

02/05 いつだって僕には僕の影がありつまり僕こそ光なんです/『 影 』

02/06 ぷっくりと赤いサナギにくちづけて二人の夜に蝶が飛び立つ/『サナギ』

02/07 積もるほどわかりやすくもない恋は雪と一緒に消えていくのか/『 積 』

02/08 少年の腰のあたりに刻まれた光の刻印輝く窓際/『腰』

02/09 わかってる 振り向くまでもなく横に私の孤独がいつもいること/『横』

02/10 雪の降る音で目覚めた今日だからコーヒーを丁寧に淹れてる/『自由詠』

02/11 夕凪の時間になったら会いに来て この海もきっと渡れるでしょう/『凪』

02/12 大口でハンバーガーを頬張ってランチに三日月浮かべている君/『ハンバーガー』

02/13 違和感を覚えた君の目は左利きで世界を見ているんだね/『違』

02/14 靴底と地面がキスをするように歩く少年 もう春が来る/『キス』

02/15 すっぴんが好きだとのたまう先生に白紙のノートを提出した日 『 すっぴん 』

02/16 「白衣とはフェティシズムの権化だ」と語る君のイヤホンを舐めたい 『 白衣 』

02/17 スーパーの雛飾りは二ヶ月前のクリスマスなんて知らない顔で 『 飾 』

02/18 風花とダンスするように歩く君 転んでもいいよ、人生たまには 『 ダンス 』

02/19 海原を泳ぐくじらのような君その腹の中で暮らしてみたい/『 くじら 』

02/20 ぽつぽつと志づゑばあちゃんの馴れ初めを聞いている昼下がりの病室/『 ゑ 』

02/21 震えてる胸の奥を知られぬよう水色レースのブラジャー着ける/『 胸 』

02/22 点滴を飲み干す右腕ぐったりと沈んだ重さでベッドを潰す 『 滴 』

02/23 無造作に裸足を投げ出し眠る君 その指をそっと奏でてみる夜 『 裸足 』

02/24 傷ひとつない柱に背をもたれてる 今だけ私の身長を刻む 『 柱 』

02/25 人ごみを泳ぐには頼りないひれ あなたはどうしてすいすい行けるの 『 泳 』

02/26 風を受け羽根を広げる仕草する どこまでもゆけ私のたましい 『 仕草 』

02/27 普通っぽいこともたまにはしてみたい レモン味したキスをするとか 『 っぽい 』

02/28 真夜中に書いた手紙を読んだのは引き出しの奥の練り消しだけだ 『 奥 』

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.