読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

無印の「なめらかな書き味マンスリーノート」を待ちわびて

好きなもの

トピック「手帳」について を眺めていて、現在愛用している手帳が来年も出るのかふっと不安になった。現在わたしが愛用しているのは、手帳にある通り無印良品の「なめらかな書き味マンスリーノート」だ。
ほぼ日手帳も試したしEDiTも試したしハッピーダイアリーやハンズオリジナル手帳を使っていたこともあった。デイリー、ウィークリーと試してみたけど持て余した。内勤なのでバーティカルは使ったことがない。いろいろと使う中で、自分にはマンスリー+フリーページで十分なんじゃないか?と思いいろいろと見ていたところ、これが目に留まったのだ。
f:id:negi_a:20150908193025j:plain
わたしは手帳にセーラーのハイエースネオという極細万年筆を挿して使っているんだけど、これは万年筆で書いても裏写りや裏抜けがほとんどない。ほぼ日手帳のトモエリバーやEDiTのNEO AGENDA Ⅱ for EDiTでもどうしても裏抜けが気になってしまって*1全然デイリー手帳として使えなかったんだけど、これは裏抜けが気にならないからフリーページにがんがん様々なことを書き込める。駅スタンプや風景印を押してもらうのにもちょうどいい*2。万年筆で書ける手帳という点は絶対譲れないポイントなんだけど、万年筆でも問題ない手帳って意外と少ないのでこれは貴重。
マンスリーページは月曜始まりで、これも絶対譲れないポイントのひとつだからとてもうれしい。6段なので、第5週があっても1マスを2日で使うこともないし、空きマスにちょっとしたToDoなんかも書き込める。このマンスリーページの作りがいいので、もうウィークリー手帳はいらないと思った。マンスリーに予定を書いて空きマスやフリーページに詳細を書く、これで十分。5mm方眼のフリーページは143pあるので(数えた)、大胆にスタンプを押したりブログや短歌や短編小説のアイデアを書き留めたり転職活動の自己分析をしてもまだたっぷり書ける。糸綴じ製本を束ねてあるので、180°開くのも使いやすい。
f:id:negi_a:20150908193157j:plain
A6版を使っているんだけど、厚さも1cmほどで重さも200gくらい。元々荷物が多い上に出掛けるときはGRD3も持ち歩いているので、あまり大きくて重い手帳は持ちたくない。ほぼ日手帳やEDiTを使っていたときは重量と大きさの関係で家置き手帳になってしまった。それでは意味がない。
今は元々ついてきたスライドケースのカバーがボロボロになってしまったので、チョコミントカラーのstorage.it*3をカバーにしている。手帳のカバーがスライドケースになっていると、半券なんかを詰め込めるので好き。実はEDiTもstorage.itタイプを買った。シンプルなのでカスタムもしやすくて、いただいたブックマーカーだったりアランジアロンゾのとかげのステッカーだったりカードキャプターさくらの星の杖チャームがついていたりする。マンスリーページにも、罫線に合わせて貼れるシールやマステを貼ってあったりする。

シンプルで、書きやすくて、スケジュール管理しやすくて、カスタムもできて。やっと手帳放浪の旅が終わったー!と思ってたんだけど。
街中に手帳が並び始める時期になっても、無印から一向に手帳が発売されない。15年9月始まりの手帳は売っているけど。去年買いに行ったとき、A6版はほぼ売り切れてたからきっとなめらかな書き味シリーズも需要はあるはず。だけどもし、来年1月始まりの手帳ラインナップになめらかな書き味シリーズがなかったら。また手帳難民に逆戻りである。それは避けたいところ。
無印良品さんへ。どうか、2016年版の「なめらかな書き味マンスリーノート」を発売してください。すぐに買いますので。

*1:万年筆のくせに筆圧が強いのもある。うっかりボールペンで書くとぼっこぼこになる

*2:地味にスタンプ蒐集趣味がある

*3:8年くらい昔の手帳の流用。とっても丈夫

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.