読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

題詠blog2015まとめ 001-010の歌

さらさらうたに『題詠blog2015』で詠んだ歌を書き付けているのだけど、こちらにもまとめを。
書きつけるといっても詠むのに投稿が追いつかず、実はとうに折り返してるのになかなか投稿できてなくて。
しかも今読み返すと、転職活動を予見するような歌があってぎくりとする。投稿までにタイムラグがある証拠。
あーそうか、転職活動短歌詠んでおけばよかったのか。そんな余裕なかったな☆

ま、そろそろ本題に入りましょう。


f:id:negi_a:20150622195047j:plain


001:呼  

 合宿で点呼を無視した子がひとり 来年こどもが生まれるらしい


002:急 

 走れない身体だけどできるだけ急いで来たの 歩く早さで


003:要 

 必要か不要かわからなくなってゴミ袋の中入ってみました


004:栄 

 「こんなとこ何にもない」と吐き捨てた彼女が踊る 栄の街で*1


005:中心 

 中心に触れてみたくて焦れたあの夏から遠い窓のない部屋


006:婦 

 ひとり寝るベッドは広くて心細い 伏せられたままの夫婦茶碗


007:度 

 旅に出る支度はできてたはずなのにポケットからも溢れる荷物


008:ジャム 

 真夜中に鍋で崩れるいちじくはジャムになるとは思ってなかった


009:異 

 混入した異物はたぶんわたしの歯 強くきつく噛み締めたから


010:玉 

 水玉のスカート揺れる メロディを描くように玉の緒揺れる

*1:栄は名古屋の繁華街で、 ビリギャルのロケ地にもなっていたみたいだけどわたしはビリでもギャルでもなかった

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.