読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

カードキャプターさくら原画展in名古屋に行ってきたよ

はにゃ~ん

https://instagram.com/p/zuKanpmDs2/

行ってきましたさくら展。『カードキャプターさくら(以下、CCさくら)』というと大きなお友達の走りではありますが、ターゲットの女児の心もがっちり掴んでいたことは忘れてはなりません。わたし自身CCさくら直撃世代ではなく実際はセーラームーン世代なんですが、CCさくらに心を奪われたひとりです。そこで前売券を握り締め昨日行ってきました。

会場は女性3:男性1くらいでした。丸栄の開館待ちをして行ったのですがすごい人で、同行者は「さくらちゃん好きがこんなにいるなんて幸せ…」と感激してました。
会場を見渡すと、リアルタイム大きなお友達もいましたが、それ以上にリアルタイムCCさくら世代の女の子が圧倒的でした。20代からアラサー女性が一番多かったかな。母娘で来てる人もちらほらいたり、若いカップルがいたり(リアルタイム時きっとこのふたりはまだ出会ってなかったんだなぁと思うと萌える)、サブカル男子大学生がひとりで来てたり、白髪のご婦人がいたり、予想外に様々な人がいました。
なんだか、CCさくらの世界観がそのまま来場者にも現れているようでじーんときました。

原画展はさくらの日常・さくらの戦い・さくらの想い・知世ちゃんのコレクション・物販のブースに分かれているのですが、コミックス12感の表紙絵を見てうるうるし、さくらの想いブースのさくら&小狼を見て涙がぽろぽろ落ちてきました。慌ててハンカチで拭いましたが、明らかに涙を流してるのはわたしだけでした。お恥ずかしい。羽海野チカさんの原画展でも泣きましたが…。
大人になってしまうと、なおさらさくら&小狼が胸に迫りますね。桜を持った小狼が木の上でアンニュイな表情で佇む扉絵なんてもう、胸が痛くて苦しかったです。クロウカード編の元気な笑顔のさくらと、少し憂いをはらんださくらカード編のさくらの対比がよくわかる構成でうううっ切ないっとなりました。さくらと小狼の、相手を大切に想う気持ちが伝わってきて。

先にCCさくらの世界観と書きましたが、わたしがCCさくらを好きなのは、多様な愛の形が当たり前のこととして成立しているからなのです。もちろん、さくらちゃんは可愛いしバトルコスチュームもおしゃれ可愛いし、ケロちゃんは飼いたくなるし、張り巡らされた伏線や魔法にどきどきしたし、でもそれだけじゃないんです。
外国人の少年との愛、男子高校生同士の愛、教師と生徒の愛、同性の親友を見守り幸せを願う愛…。そうしたいろんな愛の形と、大切な人を想う気持ちとでCCさくらの世界観は成り立ってると思うんです。
初めて読んだときは、「なかよし連載でここまでのお話を書くなんて…!」とびっくりしました。萌え要素ももちろん身悶えたのですが、わたしにはいろんな愛の形のほうがより衝撃的だったのです。
CCさくらを、大きなお友達向けの作品だと思ってしまうのはもったいない。対象年齢の女児や、「どうせ萌え漫画だろう」と思ってる大人にも読んでほしいです。CCさくらの世界観に近づけたとき、世の中はほんの少しやさしくなる。そう思うのです。


開館待ちをして入ってじっくり見入って出たら正午を回ってました。少し入場まで時間がかかったけど、2時間みっちり堪能しました。最初はお互い絵に関してド素人の同行者と「フリルの書き込みすごい!」「ホワイトでこの感じ出してるんだ!」「透けてるような塗り方すごい!」「黒背景全部塗ってるんだ!」などと言っていましたが、次第に圧倒されて言葉を失いました。ずっと見てても飽きない。本編を連載しながらアニメの監修もして、それで毎月扉絵とふろくイラストでこんなハイクオリティのイラストを描き続けたなんて。CLAMP先生恐ろしい。
原画展を見てて思ったのですが、さくらと小狼だけでなくさくらと知世ちゃんがまたたまらない…当時の大きなお友達2chCCさくら板のことは知らないのですが、百合が広く認知された今なら百合好きな人にものすごく人気が出ただろうなぁ。時々pixivなどで一枚絵の百合を見て癒されてるのですが、さくらと知世ちゃんの破壊力は凄まじかったです。特に着物着て座っている扉絵。どきっとさせられました。


なぜこの原画展に画集がないのか、それが悔やまれます。あったら買ってたよ…さくらのソシャゲのイラストも紙で見たいよ…っていうかソシャゲあったの初めて知ったよ…終了してたけど…。あとね、数量限定商品が初日昼に完売してたには驚いたよ…。
名古屋会場は日曜日でも奥へ入ればそんなに混まずにゆっくり見られました。気になった方は是非…と言いたいのですが、名古屋は明日までなんですよね。短い。1週間もない。さすが文化不毛の地名古屋。
まだ大阪会場はありますので、CCさくらが好きな方やリアルタイムで見てた方は行って損しないと思います。原作ファンもアニメファンも楽しめます。物販*1でお財布が封印解除(レリーズ)されるおそれはありますが。

『カードキャプターさくら』原画展

だらだらと書いてきましたが、最後はこの言葉で締めましょう。
「絶対 だいじょうぶだよ」

*1:同行者とラバーストラップBOX全8種を3箱買ったら知世ちゃん・小狼・ケロスピが出てしまい5/8の確率で出るはずのさくらがいない奇跡が起きました

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.