読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

題詠短歌シリーズ『ゆうべの熱は銀紙の中』 011-020

書きもの 題詠短歌「ゆうべの熱は銀紙の中」

少しづつ練習に詠んでいる過去の題詠短歌から、011-020を。

お題は題詠blog2011から拝借しています。


http://instagram.com/p/tSCQ7WmDjA/


011:ゲーム 

 ルールのないゲームに追われる電車にて狩りなどしている社会人たち


012:堅 

 サヨナラの場面で打球が声を裂く 中堅手(センター)が跳んだグラブの先は


013:故 

 「何故?」と聞く君は誰だろ 覚えてない たぶん事故だよ それじゃサヨナラ 


014:残 

 食べ残す行儀の悪さを咎めてもそれが彼女の譲れぬ作法


015:とりあえず 

 とりあえず、何から話せばいいのでしょう 一昨日泣いてたあの子のことでも


016:絹 

 ぷちぷちと絹さやの筋を取る5時に電話が鳴ってる 手が離せない


017:失 

 授業中隠れて人間失格を読んでた自分に今も酔ってる


018:準備 

 ちょっと待って そっちの準備はできてない てっきり傷つけられるとばかり


019:層 

 大層な言い訳ばかりを並べてる君はその手で鍵をかけてる


020:幻 

 夢なのか幻なのかも曖昧なゆうべの熱は銀紙の中


* 短歌関連


題詠短歌シリーズ「ゆうべの熱は銀紙の中」 001-010 - さらさら録


はてな題詠「短歌の目」 第0回:2月 - さらさら録

さらさらうた

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.