読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

中川区民まつりにドラゴンズがやってきた

日々のこと 野球のこと

f:id:negi_a:20131027150959j:plain

 

ということで行ってきた。

今年は露橋公園での開催だからか、ドラゴンズとのコラボ企画がどっさり。

お隣がナゴ球だからこその企画。

ドラゴンズがナゴ球での秋季練習を開放してるので、そのお客さんも合わせてなかなかの人出だった。

のんびり構えてたわたしはすっかり気圧されることに…。

 

写真大量注意。

 

 

とりあえずクイズラリーを済ませて抽選番号をもらい、ステージ前に陣取る。

すごい人なので立ち見。

f:id:negi_a:20131027133949j:plain

中川区のゆるキャラ、ナッピーさんとドアラさん。

ナッピーさんかわいいよナッピーさん。推せるよナッピーさん。

ナッピーさんとドアラさんで簡単なクイズやジェスチャークイズ。

ナッピーさんがボーリングのジェスチャーをした後にドアラさんがほぼ同じ動きをして、騙された子が「ボーリング」と言ってしまい再度ジェスチャーをやり直した後の回答タイムで、しゃがんでじーっと顔を近づけて「カーリング」と言わせようと脅迫していたのが印象的だった。こらこら。

 

f:id:negi_a:20131027140503j:plain

お次は若手トークショー。

誰だろう?と思っていたら、大野雄大選手と岡田俊哉選手の左腕先輩後輩コンビ!

2人ともサービス精神旺盛で話の面白いとっても気さくなにいちゃん達だった。

靴を見る限り、隣のナゴ球からそのまんま来たんだろうなぁ。

大野さんはテレビで見るよりずっと大きくて、岡田さんはテレビで見るよりずっと細かった。

 

事前に募っていた質問に答えていくというスタイルで進んだトークショー。

なるべく全部思い起こして書いていこう。

司会「大野選手へ。野球を始めた頃のポジションを教えてください」

大野「ピッチャー、ファースト、あと外野ですね。左利きなんで、どうしてもショートとかサードはできないじゃないですか。高校の頃にピッチャー専任になりました」

 

司会「岡田選手へ。野球を始めた時期を教えてください」

岡田「小学2年のときに始めました。小学6年で一度辞めたんですけど…理由は…えーっとその、理由は秘密にさせてください」

 

司会「大野選手へ。来年は15勝してください!」(むしろ願望)

大野「15勝でいいんですか?(場内歓声、やっちゃったーというリアクションの大野)

 今年は10勝したんですけど10敗もしてしまったので、少しでも貯金を作れるようにがんばります」

 

司会「岡田選手へ。来年は何勝してくれますか?」

岡田「えー、僕にその質問しますか…。まだ先発でいくか中継ぎでいくか、いろんな人と話して決めている最中なので…じゃもうみなさんで決めてください」

司会「では、場内の皆さんに聞いてみましょうか。先発がいいと思う人拍手!」

 (場内の9割が拍手)

司会「では、中継ぎがいいと思う人拍手!」

 (残りの1割と大野岡田が拍手)

岡田「先発は…ねぇ、隣の先輩がいますから。1年間1軍で投げれることが目標です」

(あとで「来年はたぶん先発」と言ってくれました)

 

司会「大野選手へ。どうやったらカーブが投げられるようになりますか?」

岡田「来ましたね、先輩!」

大野「来ましたね!…僕、カーブ投げられないんですよ。(場内大爆笑)

   あれ、カーブ投げれるっけ?」

岡田「投げれません!」(爆笑) 

大野「野球のやり方みたいな本に載ってるので、それ買って練習してください!」(爆笑)

岡田「あ、隣から近藤さん(投手コーチ)呼んできましょうか?」(爆笑)

 

 

司会「岡田選手へ。野球を始めた時期を教えてください…ってこれさっきありましたね」

岡田「そうですね、さっきも言ったように小2で始めて小6で1回辞めて、中1でまた始めたんですけど、辞めた理由はちょっと事情があったんで、それは言えないですけど」

司会「できれば簡単に聞かせてもらえますか?」

岡田「えーーー…簡単に言うと反抗期です。小6の時に父親が少年野球の監督になるって言い出して、一緒って嫌じゃないですか。家でも野球ばっかりになっちゃって、それが嫌になって辞めたんですけど、やっぱり野球がやりたくなって、中1の時に父親に「やらせてください」って頭下げてまた始めました」

(岡田さん的には黒歴史の模様)

 

 

司会「では最後の質問になります。大野選手へ。好きなおにぎりの具は何ですか?」

大野・岡田「!!??」

大野「これ最後でええんですか。えっと、普通に答えるとたらこです」

司会「では、大野さん岡田さんおふたりとも新婚ほやほやとのことですが、奥様が作られたおにぎりで好きな具は何ですか?

大野「愛です(ドヤァ」(爆笑)

司会「では岡田選手へ。奥様が作られた料理の中で、どれが一番好きですか?」

そのへんのおっちゃん「\卵焼き/」

岡田「えっ…(場内爆笑) あの、だいたいなんでもおいしいんですけど、僕シチューが好きなんです。なので、作ってもらったシチューです」 

 

こんな感じで賑やかにガチャガチャしながらトークショーは終わり。

大野さんとじゃんけんで勝った子供がキャッチボールできるタイムへ。

f:id:negi_a:20131027140729j:plain

満面の笑みでじゃんけんする大野さん。

じゃんけんに負けて悔しがる子供相手に「よっしゃー」とガッツポーズするシーンもあり。

f:id:negi_a:20131027141136j:plain

 

大野さんは「ナイスボール!」「いいよー!」と声をかけながら。

岡田さんは「ボールはこう持って、そうそう」とアドバイスしたり、左利きの子に自分のグラブを貸したりしながら。

ふたりの性格が出たキャッチボールタイムだった。

 

 

f:id:negi_a:20131027142641j:plain

そして一旦選手ははけて、抽選会の準備。

今日は台風の後で秋晴れだけど風の強い日になり、テーブルクロスはバタバタするわ抽選箱は飛ばされるわでちょっと大変なことに。

ドアラさんは抽選箱が飛んでかないように押さえてた。

 

そして大野さん岡田さんが再登場し抽選会。

f:id:negi_a:20131027143130j:plain

大野さんが引くときだけドラムロールが鳴り、岡田さんが引くときにはドラムロールが鳴らず。

岡田さん「!?」

大野さんが口でドラムロールやってた。「ドゥルルルルルルル」って。

f:id:negi_a:20131027143550j:plain

 

岡田さんとドアラはよくいちゃいちゃしたり内緒話したり。

f:id:negi_a:20131027144035j:plain

係員のおじさんが、商品を持って壇上に来てなぜか岡田さんに手渡して去っていってしまう。

岡田さん「!?」

チアドラ・場内爆笑、大野さんニヤニヤ。

f:id:negi_a:20131027144045j:plain

仕方がないのでナッピーさんに賞品を食べさせる岡田さん。

大野さんやチアドラ・ゆかりちゃんの顔、見切れてるドアラさんも含めてお気に入りの1枚。

f:id:negi_a:20131027144143j:plain

f:id:negi_a:20131027144358j:plain

ドアラさんやチアドラさんを巻き添えに抽選させる岡田さん。

下2桁22番の人が3回も当選するハプニングもありつつ、なんとか終了。

わたしはもちろん外れましたよ、ええ。

大野さん岡田さんと握手したかったー。

 

 

f:id:negi_a:20131027150338j:plain

ドアラ&チアドラステージ。

今日のチアドラはりかぽん・ゆまっちょ・由衣ちゃん・ゆかりちゃん・ひなちゃん。

赤い長袖ジャンパーがとってもキュート。さすがに寒いもんねぇ。

 

f:id:negi_a:20131027150743j:plain

 チアドラさんとまったく関係ないところで関係ないポーズを取るドアラさん。

f:id:negi_a:20131027150829j:plain

ステージの真っ最中に椅子に降りて座って見てるドアラさん。

 

相変わらずチアドラたちはかわいくてキレッキレで、相変わらずドアラは挙動不審でチアドラに見事にスルーされていて楽しいステージで区民まつり終了。

元々大野さん岡田さんはすきだったんだけど、これを見てますますすきに。

来年はレプユニ買っちゃおうかな。

 

オフシーズンのこういうイベントも、すごく楽しいなぁと思った一日。

まめにイベントをチェックして出かけようかなぁ。

シーズン中とは違う一面を見つけられるのが、なんともうれしいものです。

 

 

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.