読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら録

日々のさらさらの記録

かぎ針編みって楽しい

好きなもの ゆるいこと

人間、生きてれば何かしらあるもので、突然編み物ができるようになった。なかなかできなかった長編みを理解したら早かった。

手始めにシュシュを作り、小さなドイリーでピアスを作り、ベレー帽を編み、以前載せたキューポッシュ用のワンピと帽子とバッグを編み、友達の子用のヘアゴムを編み、といった次第である。

https://www.instagram.com/p/BQL5nDxF0W1/

https://www.instagram.com/p/BQL6OjlFzai/

https://www.instagram.com/p/BQL7Lz4Fgm8/

わたしの場合、母親が編み物できる人間であった。そのため、昔も今も母親に教わることが多々あるのだが、昔長編みができなかった頃はこっぴどく叱られたものである。それで編み物が苦手になったのだ。今はもう、持ち方のポジションがおかしくても、「まあ編めてるから」と言ってくれるようになった。

1本の針で1本の毛糸を掬い通していくことで編み上がっていくのはとても楽しい。気力に乏しく飽きやすい性格なので小物しか作っていないけど、それでも楽しい。根気はいるけど、編む作業を繰り返していると不思議と心が落ち着くのだ。羊毛フェルトを刺しているときのように。

素材さえ選べば春夏もいけるのが編み物。さて、次は何を作ろうかな。

短歌の目 第15回:1月 わたしはいつでも生まれ変わって

はてな題詠「短歌の目」

tankanome.hateblo.jp

気に入った歌があれば引用スターいただけるとうれしいです!


1.編

 教室の隅で揺れてた三つ編みのゴムの色が思い出せない

2. かがみ(鏡、鑑も可)

 口紅を鏡の前で直すときわたしはいつでも生まれ変わって

3. もち

 「雪見だいふくは溶けかけがおいしい」もちを伸ばして喜ぶ人あり

4. 立

 立てかけた看板のように平べったい後頭部さえ見ていたかった

5. 草

 前略 君の街までこの雪が降り積もればまた会えるよ 草々

テーマ詠「初」

 はにかんで笑う君が横にいてそれがむずむず嬉しくって

 まっすぐに落ちてくるような初雪に埋もれずにいる真っ赤なコート

 この方は当初の予定を変更しただいま地上で踊っていおります

au 3G携帯+格安SIMに変えたメモ

役に立つかもしれないこと


f:id:negi_a:20170128141456j:image

 ようやく格安SIMに変更したため、その一部始終をメモ。

 わたしの場合、家族との連絡やキャリアメールのためにキャリア回線が必要となるため、データ通信のみの格安SIM+音声通話とキャリアメールのみのガラケーの2台持ちとなった。ガラケーは家にあった3G携帯、スマホは一括で機種変していたauAndroid端末である。

格安SIMを手配する

1.格安SIMのエントリーパッケージを購入

各社から販売されているエントリーパッケージを購入すると、Web申込みで3,000円(税抜)の手数料が無料になる。つまり、エントリーパッケージ代金が手数料になる。

わたしが購入したのはこれ。

 

 BIGLOBEが販売代理店となってAmazonで限定販売しているUQ mobileのエントリーパッケージである。なんと500円、送料を払っても850円である(わたしはプライム会員ではないので)。ちなみに契約には販売店コード以外BIGLOBEは出てこず、あくまでUQとの契約である。

2.MVNOに申し込む

エントリーパッケージに記載がある通りに申し込む。身分証明書の画像とクレジットカードが必要。UQ mobileの場合。スマホから申し込んでいたら画面フリーズ→タイムアウトになったのでPCから申し込むのがおすすめ。くれぐれも住所氏名を間違えないように。間違えると審査はねられます。

3.SIMが発行されるのを待つ

審査に通ったらSIMが発行されるので、それが届くまで待機。UQの場合、申込み翌日に発送され翌々日に到着した。

SIMが到着してから、LTE回線を3G化する。

 

LTE回線を3G化する

4.auショップに事前に持ち込み端末3G化が可能か確認する

調べたところ、auショップでも標準SIMの在庫がないところがあるようだったので、最終的に直営店に行くことも考えつつ近所のauショップに電話。するとあっさり「在庫ありますよー」とのこと。「携帯を持ち込んで3Gに回線切り替えできますか?」と聞いたら「できます」とのことだったのでショップに向かう。

なぜ3G化が必要なのかというと、auの場合LTE回線だとパケット定額を外せないのである。なので、回線を3G化してパケット定額も外してしまおうということである。そして、3G化はショップでしかできないのでショップへ行く必要がある。

5.auショップLTE回線を3G化してもらう

ショップで「スマホの回線を3Gに変更したいのですが」とおずおずと申し出ると、「持ち込み機種変更ですね、かしこまりました」とすんなり対応してもらえた。ショップのお兄さんが手慣れた様子で回線を変更していくので、わたしの場合幸運だったのかもしれない。ショップや店員さんによっては、LTE回線の3G化に慣れていないこともあるようだ。ちなみに、3G化の手数料は3,240円(税込)である。

「お手数おかけいたしました」とお礼を述べると、「いえいえ、また何かありましたらお気軽にご相談くださいね!」と気持ちよく言っていただけた。手続きにかかった時間は20分ほどだった。

格安SIMを設定する

6.スマホにSIMを挿し設定する

スマホMVNOのSIMを挿し、添付用紙の通りに設定。モバイルアクセスポイントの設定を行い、4Gのピクトの三角が双方向に立てば完了。

 

わたしの場合、格安SIMと音声端末の2台持ちで、月々の支払いが半額以下になった。

mineoとUQと迷ったけど(VoLTE非対応端末なのでみおふぉんは除外)、mineoの機能を使い切れるかわからなかったのである程度の速度が担保されているUQにした。わたしの機種は月2GBを超えると警告してくれるのだが、その警告が月末に出るかでないかくらいの使い方なので3GBでの契約を考えていた。UQはちょうど3GBのプランがあったので、迷うことはなかった。というより、UQはプランが少ない。

2台持ちだとなくすんじゃないかと不安だったが、バッグインバッグに入れっぱなしという方法を教えてもらったので、それを試してみることにした。

また、年齢確認ができないのでLINEのID検索ができなくなるとのことだったが、そもそも知らない人がID検索から友達に追加してくるのを防ぐためにID検索をオフにしていたため問題はなかった。

 

あとは実際に運用してみて、また思ったことがあったら書きます。

 

(c)2015 nagisarasa All Rights Reserved.